アニメ「正解するカド」最終話を観た後の感想、考察と妄想(ネタバレ有り) / 世界観2=ゲーム内世界

世界観1の続きですが、すでに「正解するカド」の直接の解釈ではなく、むしろ続篇的な妄想です。しかし、ネタバレあります。

game-world-kado

アニメの世界は異方存在が造ったシミュレーション世界。それにより異方の超技術はかなり説明というか納得できそうでした。ただし、それでもいくつか違和感はありました。一見、視聴者の世界とほとんど同じような世界なので、かなり細かいところ、つまり、原子・素粒子あるいはもっと下のレベルからシミュレーションしているのだと考えられます。

しかし、真道のコピーが本物の真道とは異なる、とザシュニナが主張する場面が何度か繰り返されました。また、後半の「ドラマ」、特に、どんどんと人間的になるザシュニナ、逆に「非人間的」な真道たちのことを考えているうち、アニメの世界の人間は実は人間ではないのではないか、と思い出しました。もちろん、どんなアニメの中の人間でも、もともと現実の世界の人間ではありません。が、真道たちはある意味人工知能ではないか、みたいな。例えばある種、「ウエストワールド」のような人工知能やロボットが人間の役を演じている、というような。

そのような劇中劇、あるいはゲーム内世界があってそこで演じられているあるいは起こっているドラマ。この辺りのことはすでにTwitterのこのスレッドでも述べました。 ただし、そのような役を演じている役者が登場して、このようなゲーム内世界とか劇中劇に話を持ってきてしまうと、何でもできてしまう、ある意味、夢落ちのようなことになり、フィクションとしてますます批判されてしまう恐れがあります。しかし、別に正解するカドが続篇としてそのような展開をすべきだというわけでもないのですが、なんとなく納得しやすい感じがします。

何故なら、もともとこのアニメの世界は計算機内のシミュレーション世界なので、素粒子・原子レベルでのシミュレーションではなく、もっと大雑把に、計算機内で人工知能を使って、役とかキャラクターを造ってそれらが劇を演じている、あるいはゲームをしている、としてもそれまでのストーリーとある程度は馴染むような気がします。世界観2は、つまり正解するカドの宇宙は人工知能や人工生命と計算機内のゲームあるいは演劇で遊ぶ世界。

じゃあ、どういうパターンがありうるでしょうか?

  1. 役者はすべて人工知能。
  2. 異方存在は人間つまり役者で、アニメの人間はすべて人工知能。
  3. 役者・素人(ゲームプレーヤー)・人工知能が入り乱れ。
  4. キャラクターは実は人間(役者と素人)が一部演じていてもよくて、人間と人工知能のハイブリッドのようなも。
  5. すべて人間(アニメなら声優)。

まず、1.はドラマの新しいレイヤーができない。5.は今のアニメそのもの。

2.の場合は、異方とは実は人間の世界で、ゲーム開発研究所が世界シミュレーションゲームを試作中で、二人の所員(ザシュニナと沙羅花の中の人)がゲームのキャラ(真道)の取り合いを始めてしまった、というようなストーリー。ザシュニナの中の人はAR(Augmented Reality)を使って真道をゲーム内から研究所に連れてこようとし、沙羅花の中の人はVR(Virtual Reality)を使って、ゲーム内に入り込もうとします。アニメ最終話の後はゲーム開発研究所に続く、みたいな。このストーリーだと、脚本もゲーム内脚本用人工知能が自動生成する感じ。その脚本用人工知能の名前は「野崎まど2号」とかwwww。(野「﨑」じゃなくてねwwww)

3.と4.は役者、素人、人工知能が混ざっています。特に4.だと、ひとつのキャラを人工知能と人間の両方が協力して演じることに。そのあたりの例をTwitterに書きました。 人工知能を使っておじさんが女子中学生に変身する云々はともかく、現在のアニメでも声優と作画・CG作成などの複数のスタッフが共同で一つのキャラを作っているわけで、その延長線上の未来にありうるかもしれないゲーム・演劇・フィクションの新しい形が想像可能かもしれません。

ここまでくると、「正解するマド」の解釈・考察とかはどこかに行っちゃってますが、人工知能と人間のハイブリッドが役を演じるところまで、人工知能やVR/ARの技術が進むと、小説を含むフィクションや演劇の世界に革新をもたらすばかりでなく、心理療法や癒やしの方面にも活かされるようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">